VIO脱毛する前に知っておきたい危険性!

VIO脱毛の気になるアレコレ

もさもさボーボーのアンダーヘアを、脱毛サロンに通って綺麗にするという女子は多いですよね♪
自分で処理するのは中々難しいし、面倒臭いし…
プロにやってもらえば、好きな形にもできるし、楽に脱毛することができます。

これからVIO脱毛を考えているという女子は
「脱毛って副作用はないの?」「トラブルはある?」と不安な気持ちを抱いてると思います。
何でもそうだけど、初めてって結構緊張しますもんね(汗)

そこで今回は、VIO脱毛をする前に知っておきたい危険性や、気になる副作用などについて詳しく解説していきます。

脱毛サロンで性病などの病気に感染する可能性は?

VIO脱毛の気になるアレコレ

デリケートゾーンってかなり敏感な部位。
いろんな人が利用する脱毛サロンだから「もしかしたら性病に感染するかも!?」と、ちょっと怖いですよね…。
果たして、脱毛サロンで施術すると、性病などの病気に感染してしまう可能性はあるのでしょうか。

気になる衛生面

サロンで使う器具には、体液や血液などが付着するので、使う度にきちんと消毒されています。
なので、性病などの病気が移ってしまう確率はかなり低いです。

しかし、『可能性は0ではない』という事を頭に入れておきましょう。

器具の消毒は基本的に必ず行われますが、サロンスタッフの消毒ミスがある場合が考えられます。
衛生管理が甘いサロンだと、性病まではいかなくとも、かゆみなどのトラブルが発生してしまうかも。

脱毛サロンを選ぶときは、まずは『衛生管理が徹底されているか』を事前に調べるのか重要なのです。

脱毛後って副作用やトラブルはあるの?

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛で気になるのは「効果」についてだと思いますが、脱毛後の副作用やトラブルについても知りたいですよね。
施術によって、少なからずデリケートゾーンは刺激を受けるから、ちょっぴり不安…。
では、解説していきます。

▼赤みなどの炎症・皮膚炎が発生する

VIO脱毛の気になるアレコレ

脱毛サロンで行う『光脱毛』は、フラッシュ光線を直接毛の根元に照射して除去していきます。
そのため、脱毛後は赤みやヒリヒリとした炎症が起きることがあります。
特に敏感肌タイプの人は、軽い火傷状態がしばらく続くこともあるようです。
この症状は、光脱毛をする上で避けられないリスクなのです。

ニキビのようなぶつぶつが現れる

脱毛終了後、患部にニキビのようなぶつぶつが発生することがあります。
この症状は『毛嚢炎(もうのうえん)』といい、光脱毛の刺激で毛穴が傷ついたときに雑菌に感染して起こります。
赤みや痛みはなく、ぶつぶつのみが現れるのがこの皮膚炎の特徴です。
比較的発生しやすい肌トラブルなので、「重大な病気!?」と心配しなくても良さそうです。

▼ちくちくとしたかゆみが・・・

VIO脱毛の気になるアレコレ

脱毛後、VIOラインに〝ちくちく″としたかゆみが発生することがあります。
普段デリケートゾーンは毛で覆われていますよね。
ですが、脱毛をすることによって肌が下着に直接触れてしまい、ちくちくしたかゆみを感じでしまうのです。

生えかけの毛が原因

もう1つ考えられる原因は、生えかけの毛。
まず、1回目の脱毛で全ての毛を完全に除去することはできません。
照射しきれていない毛や産毛などが残っている可能性があります。
その残った毛が次第に伸びてくると、毛先が肌に触れて、ちくちくとした不快感があるのです。

かゆみを抑える市販薬を使ってみよう

こうしたかゆみは、『かゆみを抑える市販薬』で対策する事ができます。
皮膚科に行けば、塗り薬を処方してくれますが、最近ではドラッグストアや薬局でも販売されています。
「かゆすぎて我慢できない!」「かゆくて夜も眠れない(涙)」という人は、是非使ってみましょう。

▼黒ずみ、シミが現れる!?

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛の口コミや経験者の意見を聞いてみると、中には「脱毛後に黒ずみができた」という声も…
せっかくデリケートゾーンを綺麗にしたのに、黒ずみやシミができてしまったらショックですよね。
調べを進めていくと、脱毛によって黒ずみやシミが発生するというよりも、体毛で隠れていた黒ずみが脱毛によって露出してしまうそうです。

そもそも黒ずみやシミというのは、刺激を受けた皮膚に〝メラニン色素(黒ずみ・シミの正体)″が生成され、色素沈着を引き起こして発生します。
主な原因として考えられているのが、下着との摩擦による刺激だと言われています。

光脱毛も少なからず肌に刺激を与えてしまうので、黒ずみが発生してしまうリスクがないとは言い切れません。
しかし最近では、黒ずみを改善しながら脱毛を行うサロンも増えてきているようです。
脱毛もできて、黒ずみも改善できるなら、一石二鳥ですよね。

▼汗や臭いが強くなる!?

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛後は、「嫌な臭いがなくなった!」という人と「臭いが悪化した」という人がいます。

臭いが軽減される理由は
〇アンダーヘアが除去され、通気性が良くなったから
〇尿や経血などの汚れがアンダーヘアに付着しなくなったから
などが挙げられ、デリケートゾーンが清潔な環境になるため、臭いが改善されるようです。

しかし、逆に臭いが悪化する理由は
〇汗の量がどっと増えた
が挙げられ、アンダーヘアがなくなることで汗を抑制することができないため、臭いが強くなるようです。

でも、アンダーヘアから汗の臭いがするって誰でもあり得ること。
それよりも、尿や経血など汚れが付着しているアンダーヘアから発生する臭いの方が、周囲にかなり不快感を与えます。
しかも、汗の量が増えることは本当にごく稀な事です。
脱毛によって綺麗になった皮膚が汗を感じやすくなるため、量が増えたと勘違いするケースもあるようです。

巷では、デリケートゾーンの臭い対策として、専用のボディソープや石鹸も販売されています。
どうしても臭いが気になるようなら、是非利用してみましょう。

おりものが増える心配はない

「汗が増えるなら、おりものも増えるの!?」

大丈夫です。VIO脱毛によっておりものの量が増えることはないそうです。
中には「おりものが増えた」という人もいるようですが、それは毛におりものが絡まなくなり、毛で隠れていた分が見えるようになってしまったからだと言われています。

▼脱毛したのに毛が抜けない・・・

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛はある程度の痛みを耐えてしまえば、約2週間後にはスルスルっと毛が抜け落ちます。
しかし、場合によっては毛が抜けないという事も。
理由として、『照射漏れ』or『光出力が弱い』といった可能性が高いようです。
全ての毛が抜けないというわけではなく、「一部分が抜けない・ムラがある」という効果が多く見られます。

これは、剛毛タイプの人によく見られ、毛の量が薄い人と比べると、脱毛完了までにどうしても時間がかかるからです。

でも、安心してください。
毛が抜けなくても、照射によって毛根はちゃんとダメージを受けて弱まっています。
目に見えて効果が出るまでに時間がかかるだけで、「ずっと毛が抜けない」というわけではないのです。

毛が抜ける仕組みを把握しよう

VIO脱毛の気になるアレコレ

そもそも毛には『毛周期』というものがあります。

成長期・退行期・休止期の過程を経て、毛が抜けたり生えたりを繰り返します。

この中で、脱毛効果をしっかり感じれるのは〝成長期″だけ。

成長期に合わせて施術を受けないと、毛が抜けないのです。

まずはこの毛周期を理解してから、脱毛することをおすすめします。

 

ポイント!VIO脱毛後は〝アフターケア″が必要

VIO脱毛の気になるアレコレ

脱毛によって考えられる肌トラブルは、アフターケアをする事によって防ぐことができます。
ケアする上で知っておきたいポイントについて説明していきます。

肌荒れを防ぐお手入れが大切

せっかく脱毛してアンダーヘアがスッキリしても、炎症やぶつぶつなどの症状が出てしまったら嫌ですよね。
こうした肌トラブルを防ぐには、脱毛した後に患部をクールダウンさせることが大切です。
光照射をした後の肌は熱を帯びますので、そのまま放置しておくと炎症や火傷を引き起こしてしまいます。

クールダウンは、基本的に施術を受けたサロンにて行ってくれますが、家に帰ってからも保冷剤などで患部を冷やしてあげましょう。

保湿がかなり重要

もう1つ大切なのは、保湿ケアです。
脱毛後のお肌は乾燥しやすく、水分が不十分な状態になります。
化粧水やクリームなど、保湿力が高いものを使って、十分な潤いを与えましょう。

妊娠に関するVIO脱毛のアレコレ

VIO脱毛の気になるアレコレ

実は、妊娠すると体毛が濃くなる…ってご存知でしたか?
考えられる原因として、妊娠によって乱れたホルモンバランスが影響し、毛が濃くなってしまうのです。
そのため、妊娠をきっかけにVIO脱毛をしたいという人が多いようです。

でも、「妊娠中に脱毛してもいいの?」「体に悪影響はない?」と疑問に感じますよね。
妊娠に関する脱毛のアレコレについて解説していきたいと思います。

▼脱毛するなら出産前?出産後?

VIO脱毛するなら、出産前がおすすめです。
大手脱毛サロンでは
〇授乳中はNG
〇卒乳・断乳後、生理がきたらOK
と、産後に対してかなり規定があります。
出産後はすぐ脱毛したくても、育児でバタバタするし、規定をクリアするまでに時間もかかるし、すぐには施術を受けられないのです。

これらを考慮すると、出産前に行うのがベストなのです。

▼妊婦(妊娠中)は脱毛は可能?

出産前に脱毛OKと言えども、そもそも妊娠中って脱毛しても大丈夫なのでしょうか。
答えは、「NO」です。
脱毛サロンにて行う光脱毛が、赤ちゃんに影響を与えることはありません。
ですが、妊娠中はホルモンバランスが崩れがちになり、いつもよりお肌が敏感な状態になります。
また体調が不安定にもなるので、通常よりも痛みを感じやすく、場合によっては施術中に気分が悪くなってしまう事もあります。

ですから、出産前=妊娠中 ではなく、出産前=妊娠していない状態 と考えましょう。

▼不妊治療中の脱毛は悪影響?

妊活中や不妊治療中でもVIO脱毛をしたいという人はいますよね。
口コミで「光脱毛は不妊の原因になる」といった意見があるようなのですが…問題ありません!
施術時に光を照射して行いますが、皮膚の表面にある黒い毛のみに反応するので、内臓や子宮には届きません。

もし光脱毛が不妊の原因になるのであれば、脱毛自体禁止されているはずですから、安心してください。

▼生理中ってVIO脱毛していいの?

生理中のVIO脱毛は基本NGです。
妊娠中と同じで、生理の時はお肌が敏感になっており、通常よりも痛みを感じてしまいます。
また、生理になっていると施術中に経血が出てしまい、毛穴が見えにくくなります。

そもそも生理中ってちょっと衛生面的にも良くないですよね。
サロンスタッフに不快感を与えてしまうだろうし、そう考えると生理中のVIO脱毛は避けるべきですね。

恥ずかしくて誰にも聞けない「脱毛中は感じるの?濡れない?」という悩み

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛を今すぐしたいけど、もしかしたら感じてしまって濡れちゃうかも…とちょっと不安ですよね。
経験者やサロンスタッフの声を調べてみると、意外と「濡れてしまった」という人はいるようです。
〇肌が刺激に敏感
〇そもそも濡れやすい体質
〇おりものの量が多い
こんな人は、VIO脱毛中に感じてしまったり、濡れてしまうようです。

でも、大丈夫!
サロンスタッフは特に気にしていません。
毎日毎日いろんなお客さんを対応しているから、デリケートゾーンが濡れたからといって驚いたりはしません。
それに、感じたり濡れてしまうのって、生理現象だから仕方ない事なんです。

もし濡れたとしても、施術の際に専用のジェルを塗るので、ジェルと混ざってバレない事もあります。
自分が思うよりもサロンスタッフは気にしていないから、安心して脱毛を受けてみましょう。

お股にできものがあっても脱毛していいの?

VIO脱毛の気になるアレコレ

デリケートゾーンは、下着やナプキンによって蒸れが起きやすいし、不潔な環境によって「股ニキビ」が出来てしまう事もありますよね。
ほとんどの脱毛サロンでは、お股にできものがある場合、状態によって対応が変わります。

赤みのあるニキビや膿みがあるニキビは、その部分を避けて施術します。
照射する光が症状を悪化させてしまう可能性があるので、ニキビがない部分のみを脱毛するようです。
もし症状の悪化が不安なようであれば、ニキビが治ってから施術を受ける事をおすすめします。

脱毛後は温泉に入浴してもいいの?

VIO脱毛の気になるアレコレ

VIO脱毛をして清潔感のあるデリケートゾーンになったら、温泉やプールに行っても恥ずかしくないですよね。
でも、脱毛後って湯船に浸かったりプールに入っても大丈夫なのでしょうか?

VIO脱毛後は、皮膚が敏感になっています。
そのため、「最低3日後」であれば入浴しても大丈夫です。
デリケートゾーンが敏感になっていると、雑菌が侵入しやすくなり、炎症など肌トラブルの原因となってしまいます。
そう、温泉やプールって雑菌がかなり多いんです。
脱毛後は、光を照射した部分が赤くヒリヒリする事があります。
なので、3日ほど様子を見てから入浴するのが良いのです。

おわりに:VIO脱毛はメリットだらけ!蒸れやかぶれから回避できる

VIO脱毛の気になるアレコレ

ここまで、VIO脱毛する前に知っておきたいトラブルなどについて解説してきました。
いかがでしたでしょうか?

まだ、VIO脱毛に抵抗がある…なんて人もきっといますよね。
私は、「絶対にVIO脱毛はした方がいい!!」と思っています。

デリケートゾーンって、下着やナプキンの締め付けで常に蒸れてしまうし、それが原因でかゆくなったりかぶれてしまったりしますよね。
でも、アンダーヘアを清潔にしておけば、蒸れやかぶれから回避できるし、嫌な臭いも改善する事ができるんです。

アンダーヘアは尿や経血が付着して不衛生

アンダーヘアがもじゃもじゃだと、おしっこをした後の尿や、生理の時の経血が毛に付着してしまいます。
汚れたアンダーヘアは強烈な臭いを放つ原因にもなりますので、かなり不衛生・・・。
VIO脱毛は不潔なアンダーヘアを除去する事ができるし、常に清潔感のある環境で過ごす事ができます。

腕やすね毛は綺麗に処理しているのに、アンダーヘアだけボーボーって違和感ありませんか?
VIO脱毛は、施術時に多少の痛みは感じますが、それさえ耐えればたくさんのメリットを得る事ができるんです!

脱毛前は埋没毛を処理しておこう

VIO脱毛をする前は、ある程度自己処理をする事をサロンスタッフから指示されます。
方法として、カミソリやシェーバーで行う人がほとんどだと思いますが、この処理方法は埋没毛が発生しやすくなります。
埋没毛は、光脱毛では除去しにくいので、事前に処理しておかなければいけません。
毛抜きで除去するにしても、皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。
そこでおすすめなのが、『垢すり用のタオル』。
埋没毛のある皮膚の表面を優しく擦ると、埋もれてしまった毛が出てきてくれます。
あまり強く擦ってしまうと、皮膚に傷が出来てしまうので、絶対に優しくゆっくり擦りましょう。

最近では、時期によってお得なキャンペーンを実施している脱毛サロンが増えています。
VIO脱毛に少しでも興味があるなら、今すぐ試してみましょう!