デリケ-トゾ-ンのにおいの原因

女性のデリケ-トゾ-ンは、非常にその言葉通りに扱いに神経を使うべき場所は他には有りません。

きちんきちんと入浴するのはもちろんのこと、それ以外にうっかりすると匂いが外に漏れるようなこととか、かゆみがひどくて仕事をしていても、そのかゆみをこらえるのが苦しい無状態になるとか、あるいは夏場に特にですが、異様に蒸れるためにかぶれてしまうこととか、男性には想像出来ないような事柄が起きるのですね。

かゆみとか蒸れてかぶれることは大変つらいことになりますが、においのほうは気力だけでカバ-できるものではないのでその扱いが大変むつかしくなります。

男性と女性とではにおいが出る仕組みが違う

デリケ-トゾ-ンのにおいの原因

女性の場合、身体の構造が、女性の方が男性よりも複雑にできており、特に若い女性の場合は誰しも、デリケートゾーンに関する何らかの悩みを抱えているのが普通です。例えば、自分のデリケートゾーンのにおいが人とは違って、特にきついのではないかと多くの女性が感じています。

それだけに、薄着になって匂いとか体臭が外に流出しやすい時期になるととても不安になるものです。健康な女性であっても生理時の経血には何とも言えない生臭いにおいがありますし、通常の生理の2週間位前からはおりものの量が増加して、何もない時よりは、臭いが実際に強くなっています。

あまり、デリケートゾーンのニオイを気にしない人もこの時期だけは何らかの配慮がなされることが多いです。

雑菌が排出する老廃物がにおいの大元

そのようなデリケートゾーンのにおいの原因の主たるものは、大半がデリケートゾーンに繁殖する雑菌が原因なのです。具体的には、雑菌が排出する老廃物の臭いなのです。雑菌の排出物が大変くさくて、量が多いものですから強烈に匂うのですね。

デリケートゾーンには、雑菌が繁殖するには大変都合の良いところなので、雑菌の繁殖を根源から断つことがむつかしいのです。雑菌が繁殖しやすい環境としては、栄養があることに加え、高温と多湿が挙げられて、デリケートゾーンは、それらの諸条件がそろっているので、雑菌繁殖防止の手立てがなかなか立てずらいというのも仕方のないことなのではあります。

雑菌が食するものとしては、ショーツに付着したおりものが主になり、それ以外に尿、汗、垢、経血などがあげられます。あります。おりものや汗、経血は減らすことは不可能なので、雑菌は飢え死にすることは有りません。

おりものは、タンパク質のかたまりでありますし、アポクリン腺という汗腺からは、雑菌が好む脂肪やアンモニアが沢山流出します。このような、快適な環境て雑菌は増殖し、排泄物を作り出し、匂いがするのです。困ったものです。

必要以上の入浴は逆効果

匂いがきついということで、デリケ-トゾ-ンを入浴の際に必要以上に洗うということをしてしまう人がいます。それはそれで心情的には理解できるのですが、逆効果になってしまうことがあるので注意するべきでしょう。

カンジタ菌の増殖を促進してしまうことがあるのです。元々、カンジダ菌自体は膣内に常在していますが、清潔好きが度を過ぎて、膣までとことん洗ってしまったり、抗生物質を服用したりすることで膣内の善玉菌が死に絶えてしまうことがあります。

これは大変まずい状況ということになるのです。そうなると、敵がいなくなったということで、膣内のカンジダ菌が異常増殖してしまうのです。元来、膣内には「自浄作用」があり、弱酸性で様々な菌が一定のバランスに保たれています。

あまりきれい好きが、度をこして、激しく石鹸などで洗う行為は、その適正なバランスを崩壊させてしまうのです。その結果として、カンジダ膣炎を招いてしまうことがあります。カンジダ膣炎の典型的な症状は、おりものの異常と外陰部や腟内の痒みです。

特に、おりものはヨーグルト状や酒粕状の少しポソポソした状態になることが多く、白色や黄緑色にへんしょくするので大変びっくりします。匂いどころの話ではなくなってきます。